Skip to content

ヒアルロン酸でピチピチ肌を作り上げよう!

ヒアルロン酸とは何なのか

ヒアルロン酸とは人体に元々あるもので、肌のハリを保ち、節々の関節の潤滑油の役割を果たしているものです。ヒアルロン酸は大量の水分を含むことができ、高い粘性と弾性がある物質です。大体、1gのヒアルロン酸があれば、6Lの水分を含むことができると言われています。しかしながら、このヒアルロン酸は年齢と共に量が減っていっていしまいます。子供の肌がモチモチとしているのはこのヒアルロン酸を多量に含んでいるからなんですね。

ヒアルロン酸を含む私たちの身近にあるもの

ヒアルロン酸は元々体内にあるものと紹介しましたが、私たちの身近にあるものにも含まれています。例えば、化粧水やスキンクリームなどの肌の保水力を高めるための化粧品が挙げられます。他にも医療用に使われる関節機能改善剤や眼科手術補助剤などにも使われています。どれも、保水力を高めたり、潤滑油としての働きを期待して意図的にヒアルロン酸が使われています。また、鳥や豚、魚といった脊椎動物である食品にも含まれています。

ヒアルロン酸を摂取するとどんな効能があるのか

では、ヒアルロン酸を摂取するとどのような効能があるのでしょうか。取り過ぎはNGなので、適量を摂取した場合を紹介します。まず、肌の保水力が高まり、肌健康を取り戻すことができると言われています。シミやシワに効果があるということですね。次に、関節痛などの痛みの軽減になるとも言われています。これは前述した関節の潤滑油の役割を果たしてくれる場合です。このように年齢と共に失われていく若さを取り戻すのに必要なのがヒアルロン酸なのです。

ヒアルロン酸を利用すると、鼻の高さを出すことが出来ます。数ミリ高さが変わるだけで雰囲気も変わるため、プチ整形として人気が高いです。