Skip to content

アラフォーが自然に可愛く見えるカラコンの選び方

やさしく可愛い瞳に、アラフォーだってなれる!

瞳がもう少し大きかったらな…と考えたことのある人は多いでしょう。目を大きく加工できるプリクラが流行っているように、大きな瞳は女性の憧れ。ぱっちりとした目に憧れるのは、10代や20代だけではありません。アラフォーだって、ぱっちりした瞳になりたいんです。しかし、残念ながら黒目の大きさは美容整形でも変えることはできません。目はぱっちりと大きく開いているのに、黒目が小さいために、きつい感じに見えてしまうこともありますよね。深刻に悩んでいる人もいるでしょう。そんな貴女のために、今やメイクツールの一つのように気軽に使われているカラコンがあります。いい大人になって、カラコンなんて…と思われるかもしれませんが、今は大人の女性が使っても違和感なく自然に使えるものがあるんです。

まず自分の黒目の大きさを知る

瞳には黄金比率というものがあり、白目と黒目の割合が1:2:1がもっとも魅力的に見えると言われています。自分の瞳を鏡でじっくり観察してみましょう。日本人の黒目は11ミリから12ミリくらいで、もともとの大きさに大きな差はないと言われています。定規を当てて計ってみるとよいでしょう。自分の黒目のサイズを知ることで、色直径がどのくらいのサイズのものを選べばよいのか、目安をつけることができます。ただし、30代以上の大人の場合、必ずしも黄金比率にこだわらなくてもよいと思われます。自分の黒目より気持ち大きいくらいが自然ですよ。ドールアイはとても可愛いですが、違和感のあるオシャレが許されるのは若さの特権といえるでしょう。大人が若い子と同じオシャレをしようとすると頑張ってる感が出過ぎて、むしろ痛々しく見えることがあります。大人は若い子にないものを持っているのですから、競う必要がないんです。それがイケてる大人の余裕です。

自分の瞳に合わせた優しく自然な色合いで

次に大切なのが、色です。こちらも、自分の黒目に合わせた色にするのが無難でしょう。元々の黒目が茶色っぽい人は、縁の黒くない茶系の色に、黒い人は縁が黒いドットになっているもので、さりげなく大きく見せるとよいでしょう。全体的にこげ茶の人は、自分の瞳より少し明るめのカラーを選び、黒は避けたほうが無難でしょう。大人のカラコンは会社にしていっても違和感を感じないのが理想ですが、その場合、爬虫類っぽく見えてしまうカラーは避けましょう。社会人としての常識を疑われます。チャレンジしたい人は、休日にプライベートで楽しみましょうね。いかがでしょう?大きさと色味を間違えなければ、大人だって上品で可愛い瞳にさりげなく変身することができます。きつそうに見られるのが悩みの方も、ほんの少し黒目より大きなカラコンを使うだけで、やさしい印象にすることができますよ。

カラコンは今やお洒落の1つであり様々なタイプのものがあります。ワンデイや二週間、度有り、度なしなどがあります。